神戸では8月の第1土曜日か第2土曜日に夏の一大イベントが開催されます。

イベントの名前は「みなとこうべ海上花火大会」です。

メリケンパークの沖合から約10000発の花火が打ち上げられます。

そして、今年(2017年)は神戸港開港150年を記念して、
1.5倍の約15000発の花火が打ち上げられます。

今回は「みなとこうべ海上花火大会」を観るための穴場スポットをご紹介します。

■スポンサードリンク

「みなとこうべ海上花火大会2017」の開催日は!

2017年の神戸花火大会は、2017年8月5日(土)に開催されます。
※雨天決行で、荒天の場合は中止となります。

開催時間は、19時30分~20時30分です。

「みなとこうべ海上花火大会」の穴場スポットは!

神戸の花火大会を観るため穴場スポットをご紹介していきます。

近くで観るなら!

「みなとこうべ海上花火大会」を真正面で観るなら、
やはり「メリケンパーク」になります。

花火の進行ナレーションがあるのもメリケンパークだけとなります。

屋台も多数出店され、仮設トイレも用意されています。

17時過ぎには混雑してくるので、いい場所を確保するなら16時前には行き、
場所を確保しておくことをオススメします。

1番人気の場所はやはりここ!

「みなとこうべ海上花火大会」の鑑賞で1番人気の場所は、 「ハーバーランドのモザイク」です。

ハーバーランドにはumie等のショッピングモールがあるので、
買い物をして「モザイクで花火鑑賞」という方が多いかもしれません。

16時には混雑し、毎年17時には入場規制がかかってしまいます。

「モザイク」から神戸の花火を鑑賞と考えていましたら、
16時前には場所の確保をすることをオススメします。

第二突堤からもオススメ

第二突堤は有料エリアと無料エリアがあります。

第二突堤の入り口付近が無料エリアとなるのですが、
花火の打ち上げ場所からかなり近いので大迫力の花火を満喫することができます。

しかし、18時30分前後で混雑し、無料エリアに入ることもできなくなりますので、
第二突堤から花火を観る場合は、18時前には到着しておいたほうがいいです。

また、第二突堤では仮設トイレの設置や、たくさんの屋台が出店しています。

いい席で確実に花火を観たいなら有料エリアを活用しよう!

確実にいいエリアで花火を観たい場合は、有料エリアがオススメです!

毎年、「みなとこうべ海上花火大会公式HP」で有料エリアの案内がでています。

有料エリアは第二突堤と第四突堤になります。

しかし、有料エリアの席は自由席となっていますので、
花火が始まるギリギリに行きますと、バラバラに座ることになる可能性もありますので、
気をつけてくださいね。

有料エリアの前売りは1席3100円で、当日は1席3600円になります。

ちょと離れているがオススメの穴場スポット!

これまでは、花火が打ちあがる場所の近くのスポットをご紹介してきました。

ちょっと離れてしまいますが、オススメの穴場スポットがあります。

兵庫突堤

少し花火の打ち上げ場所から離れるため、他のスポットに比べ人が少ないスポットです。

距離が少し遠目ではありますが、
視界を遮るものがないので、花火を綺麗に一望出来るオススメのスポットです。

神戸市営地下鉄海岸線の中央市場前駅から無料シャトルバスが運行されますが、
徒歩で15分ほどで行くことができます。

混雑を避けて花火を観たい場合は、ここがオススメです。

ポートアイランドの北公園から!

ポートアイランドの北側にある「北公園」は火が打ち上げられる場所と比較的近く、
さらに「神戸の街並みの夜景」を同時に楽しむことができるスポットです。

公園は整備されておりキレイで、公衆トイレもあります。

近年、人気になってきているスポットです。

「北公園」はポートライナーの中公園駅から徒歩で約10分ほどで行くことができます。

まだ穴場スポットの「しおさい公園」

「しおさい公園」は先ほ「北公園」と同じくポートアイランドにあります。

神戸を海側から一望出来るかなり見晴らしのいい夜景スポットでもあります。

花火大会の当日は屋台も出店されています。

「しおさい公園」はポートライナーの「みなとじま駅」から、
徒歩で約10分ほどで行くことができます。

また、花火大会当日は神戸市役所の所から無料のシャトルバスが運行されています。

「ビーナスブリッジ」から夜景と同時に楽しむ!

神戸の夜景を気軽るに満喫することができるスポットとして人気の「ビーナスブリッジ」。

ここからも絶景の花火を観ることができます。

しかも、神戸の夜景と同時に!

「ビーナスブリッジ」には駐車場がありますが、
収容台数が少ないので、徒歩で行くことをオススメします。

公衆トイレもあり、屋台も出店されています。

神戸の夜景と花火を同時に楽しむことができるスポットとして人気ですが、
ハーバーランドやメリケンパークなどと比べると交通の便が悪いので、それほど混雑はしていないです。


最後に

毎年、花火をどこで観ようと迷うと思います。

「みなとこうべ海上花火大会」を鑑賞するための場所選びの参考にしていただければ幸いです。

スポットは随時更新していきます。