いよいよ明日(12/2)からルミナリエ2016が開催されます。

ルミナリエは、阪神・淡路大震災で犠牲になった人の鎮魂の意を込めるとともに、
神戸の復興への夢と希望を託しという思いから始まりました。

第1回目は震災の年の1995年12月に開催され、
今年のルミナリエは第22回になります。

テーマは毎年変わります。

過去のルミナリエにつきましては下記の記事に書いています。

2016年も神戸ルミナリエは開催されます! 今年の開催日は?

今回はルミナリエ2016の詳細について書いていきます。

■スポンサードリンク

ルミナリエ2016のテーマは?

ルミナリエのテーマとイルミネーションは毎年変わります。

「今年はどんなテーマ・イルミネーションになるんだろう!」と毎年話題になります。

ルミナリエ2016のテーマは、

光の叙情詩

です。

叙情詩(じょじょうし)とは「個人の主観的な感情や思想を表現し、自らの内面的な世界を伝える詩」
という意味になります。

ルミナリエ2016の開催日と点灯時間は?

ルミナリエ2016は2016年12月2日(金)~2016年12月11日(金)の10日間で開催されます。

ルミナリエ2016の点灯時間は下記のようになるようです。

月曜日~木曜日:18時~21時30分
金曜日:18時~22時
土曜日:17時~22時
日曜日:17時~21時30分

しかし、点灯時間は混雑状況で早くなる時があります。

平日は18時から点灯ですが、17時過ぎに点灯したことがあります。

ルミナリエ開催期間中は無休ですが、天候が悪い時は中止になる場合があります。

■スポンサードリンク

ルミナリエの開催場所は?

ルミナリエの開催場所はスタート地点が元町(旧居留地)で、最終地点が三宮(東遊園地)になります。

最初から見たい場合は、元町駅が最寄り駅となります。

元町駅の南側にある神戸大丸の所から進んでいくことになります。

最終地点のメイン会場だけ見れたらいい場合は、三宮駅が最寄り駅になります。

三宮駅を南側に進んでいくとメイン会場である東遊園地があります。

神戸市役所のすぐそばですので、神戸市役所を目印に進んでいけばいいです。

ルミナリエ開催期間中は元町駅、三宮駅を降りると、たくさんの人で溢れています。

ほとんどの方がルミナリエを観に行く人なので、ルミナリエの開催場所はすぐにわかると思います。

ルミナリエ2016はこんな感じ!

まだ準備中のルミナリエ2016になります。

メイン会場の東遊園地でから。

img_5374

ルミナリエ2016のスタート地点です。

img_5377

スタート地点~最終地点までの道。

img_5376

img_5375

ルミナリエの建設はイタリアからたくさんのエンジニアが来日をして建設をします。

ルミナリエの混雑状況は!

ルミナリエは神戸の冬の最大イベントで、たくさんの人が訪れます。

週末は大変混雑しています。

最初から見たい場合は、1時間以上並ぶこともあります。

平日は並ばずに見れる時があります。

ルミナリエに行くなら平日がオススメです。

メイン会場がある東遊園地は週末でも並ばずに入ることができます。

メイン会場では出店があり、飲食をすることもできます。

最後に

去年のルミナリエ2015は強風でメイン会場の一部が倒壊しました。

今年のルミナリエ2016はその対策をされています。

ルミナリエ開催期間中は天気がいい日が続いてほしいものです。

並ばないといけない可能性が高いので、防寒対策だけはきちんとしてくださいね。