神戸で今週末(1/27〜1/29)に紅茶のイベントが開催されます。

神戸港開港150年目を記念したイベントになります。

神戸と紅茶は密接な関係があります。

この理由と、今回開催されますイベントの詳細について書いていきます。

■スポンサードリンク

紅茶は神戸から!

神戸港が開港し、神戸港は日本の中で、最もイギリスとの貿易が盛んでした。

そのため、紅茶も原産地の中国からでなく、イギリスから神戸に入ってきました。

イギリスの大手紅茶メーカーである「リプトン」が、
日本初の生産工場として神戸を指定しました。

紅茶は神戸から日本に広がったとされています。

Fotolia_49953751_Subscription_Monthly_M

神戸が日本一?

日本全国で紅茶の消費額がもっとも多いのは神戸です。

ケーキなどのスイーツも神戸がもっとも消費額が多いようです。

神戸にはケーキ屋さんがたくさんあります。

ケーキと紅茶!

西洋文化を日本の中で最も早く取り入れた神戸らしいですね。

神戸には紅茶の専門店もたくさんあります。

以前、ブログで書きました、
カフェ ユニコーンも美味しい紅茶を飲むことができます。

神戸でここだけ!? 紅茶のエスプレッソが飲めるカフェ!

■スポンサードリンク

神戸で開催される紅茶のイベントの詳細は?

イベントの名前は「KOBE TEA FESTIVAL supported by Sir Thomas Lipton」です。

神戸港から全国に広まったとされる「紅茶」を、
神戸市から新しい紅茶のスタイルを発信する
をテーマにしたイベントで、神戸港開港150年目を記念したイベントでもあります。

このイベントは神戸市内で初めて開かれます。

開催日は1/27(木)~1/29(日)です。

メイン会場は神戸ハーバーランドのモザイク前に特設会場ができます。

開催時間は10時~18時で、
神戸市内・神戸市外の紅茶専門店とパン・スイーツの計15店が出店します。

1000円のチケットを購入すると、5店舗の紅茶の飲み比べを楽しむことができ、
メインブースでは5種類の茶葉の色・香り・味わいの違いを利き分けるテイスティングを体験できます。

また、1/28(土)と1/29(日)には、
大丸神戸店前や三宮センター街など市内5カ所に「ティースタンド」が設置され、
紅茶を無料で飲むことができます。

それぞれのティースタンドで、産地の違う紅茶が提供されます。

ティースタンドを巡って、紅茶を飲み比べるのもいいですね。

最後に

神戸は今週末も寒くなる予報です。

KOBE TEA FESTIVAL supported by Sir Thomas Lipton」のイベントで、
紅茶を飲んで、体を温めるのもいいですね。

紅茶には、体の冷えに効くという効能があります。

また、神戸の南京町では1/27(金)~1/29(日)で「春節祭」が開催されています。

今週末は神戸で紅茶と中華を楽しんでみてください。