神戸には「鉄人28号」があります。

本当です!!

神戸の「鉄人28号」がリニューアルすることになりました。

■スポンサードリンク

なぜ、神戸に鉄人28号が!

「鉄人28号」の作者である、横山 光輝さんは神戸出身です。

「鉄人28号」がいる新長田にゆかりが深い横山 光輝さんの作品で、
街を盛り上げようと、地元の商店街などが中心となり、
NPO法人「神戸鉄人プロジェクト」が立ち上がりました。

神戸の「鉄人28号」は阪神大震災の復興と地域活性化のシンボルとしての期待を託され作られました。

2009年9月29日に完成しました。

神戸の鉄人28号のスペックは?

神戸の鉄人28号は高さ15.3mあります。
※直立すると18mにもなります。

素材は鉄鋼でできています。

神戸の鉄人28号のアクセス方法は?

鉄人28号は新長田の若松公園にあります。

最寄駅はJRまたは神戸市営地下鉄の新長田駅です。
※JRの場合、新長田駅は普通電車と快速電車が停車します。

新長田駅の南側(海側)の大きい道路から外れた西側の公園にあります。

見に行こうとして迷われる方がいらっしゃいます。

駅のすぐ近くですが、少しわかりにくいです。

■スポンサードリンク

鉄人28号の今回のリニューアルは?

鉄人28号が完成して、約7年が経過しました。

鉄人28号の両足部分の傷みが目立つなどしたため、塗り直しを行うことになりました。

色はより原作に近いコバルトブルーになるようです。

リニューアルの完成は2016年11月上旬予定です。

2016年10月17日(月)~11月5日(土)の予定で、
鉄人28号の周囲に足場を組んだりするため、見ることができなくなります。

最後に

神戸の「鉄人28号」は新長田の観光スポットとして定着しています。

神戸マラソンでもコースになっており、
ランナーが足を止めてスマホで写真を撮っている方が多数います。

見るだけでなく、実際に触ることができ、
その巨大さを実感できる身近さが人気でもあります。

神戸の鉄人28号は南側(海側)を向いています。

JRから鉄人28号を見ると、鉄人28号の背中を見ることになります。

なぜ、向きを北側(山側)にしなかったのか!

これにはちゃんとした理由があります。

鉄人28号が向いている方向には、
阪神大震災で大きな被害を受けた商店街があります。

阪神大震災の復興・地元商店街活性化のシンボルである神戸の鉄人28号。

これからも、力強く、街の守護神になってほしいものです。